よく使われる着色料「タール色素」

よく使われる着色料「タール色素」

色が鮮やかなお菓子や漬物など、さまざまな食品に使用されている着色料に「タール色素」という食品添加物があります

加工品の裏の原材料表記に、赤2(赤色2号)や、黄4青1などの表記を見たことはないでしょうか?

それらを総称して「タール色素」と呼ばれています。

もともとアスファルトの材料としても知られているコールタールを原料として合成された着色料ということで「タール色素」と呼ばれているのですが、今は別の石油製品を原料に作られているそうです。

まさか、口に入れる着色料が石油から作られているとは思わないですよね・・・

そんなタール色素、もともとは24種類あったそうなんですが、発がん性が指摘されたりということがあり、今では12種類しか日本では使用が認められていないそう。

また、今現在日本で使われているタール色素の中にも、海外では規制されているものもあり、

イギリスの食品基準庁では、赤色40号と赤色102号、黄色4号、黄色5号など6種類が注意欠陥障害の原因になる恐れがあるとの理由で、食品メーカー等に自主規制を促していたり、

アメリカやカナダでは、赤色2号、赤色102号、赤色106号に、がんやアレルギーを引き起こす可能性があるとして、使用が禁止されていたりも。

ドイツでは、赤色3号が甲状腺に異常を生じる可能性があるとの理由で、使用が禁じられているそうです。

もともと自然に作られているものではなく、人工的に作られたものなので、やっぱり完全に安全とは言えないんですね。

特にお菓子などは、キレイな色のものを子どもが欲しがったりするとは思いますが、ぜひ商品の裏を見て、この「タール色素」が入っていないものを選んでいただければなと思います!

 

関連記事
やっぱり食事はよく噛むようにしたいですね!

食事の時は意識したい!噛むことの大切さ 食事の時は意識したい!噛むことの大切さ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です