気になったことありませんか?味覚が変わる歯磨き粉

気になったことありませんか?味覚が変わる歯磨き粉

歯磨きをした後に、モノを食べたり飲んだりすると、なんかいつもと味が変わってる・・・という経験をしたことある方は多いんじゃないでしょうか?

あれは、歯磨き粉の中に含まれている「ラウリル硫酸ナトリウム」という成分が影響しています。

このラウリル硫酸ナトリウムは、合成界面活性剤と呼ばれる、強い洗浄能力をもっているもので、殺菌や泡立ちを良くするために入っているのですが、舌の味覚を感知するセンサーも変化させてしまうので、歯磨き後にモノを食べたり飲んだりすると、味が変わったように感じてしまうんですね。

また、国外に目を向けると、この成分を禁止している国もあるようで、ドイツでは、ラウリル硫酸ナトリウムは使用禁止になっていたり、6歳以下の子供用品への使用を禁止している国もあるそうです。

口の中の粘膜はとても柔らかいので、皮膚に比べて約10倍以上、体内に吸収される量が多いと言われています。

ご存知の方も多い「シャボン玉石けん」の歯磨き粉などは、この成分が入っていないので安心してお使いいただけます。

使う機会が多いものなので、歯磨き粉を選ぶ際は、ちょっと覚えにくい名前なんですが、ぜひこの「ラウリル硫酸ナトリウム」という成分が入っていないものを選ばれてみてください!

 

関連記事
洗濯洗剤に使われてる「蛍光増白剤」についてはこちら!

蛍光増白剤って知っていますか?衣類を白くする方法のひとつなんです 蛍光増白剤って知っていますか?衣類を白くする方法のひとつなんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です