こんな効果が!稲作で力を発揮する「光合成細菌」

こんな効果が!稲作と光合成細菌

前回の記事で、光合成細菌が(光合成細菌について)スーパー微生物ということが少しわかったかなと思います。

そんな光合成細菌が特に力を発揮するのが稲作です。

稲作で光合成細菌を使うことで、お米がたくさん採れたり、農薬や肥料の量を減らしたり、根張りを良くしたりする効果があります。

どのようにして光合成細菌を稲作に使うのかと言うと、

  1. くまレッド培養キットで光合成細菌をたくさん増やします
    (くまレッドの詳細はこちら!)
  2. 真っ赤になった光合成細菌を水口から流し込んでいきます

のように使います。

流し込むタイミングは、田植え後1週間後と幼穂形成期(出穂約40日前)の2回。それぞれ10a(1反)あたり10L流し込んでください。

くまレッドを田んぼに流し込む

たったこれだけで、光合成細菌が水田中を泳ぎ回って、有害な有機物(硫化水素など)を分解してくれます。

土壌が健全になることで、根腐れを防ぐことができるんです。

ちなみに、苗づくりにも使用できて、このような差が出ます。

苗箱1枚当たりに1ccを散布します。

苗での光合成細菌使用有無比較

さらに、光合成細菌は、空気中の窒素から窒素肥料を作る力も持っています。

これは、稲作だけでなく、レンコンを育てる蓮田や、い草栽培でも同じように使用することができるんですよ。

光合成細菌を活用して、作物を丈夫に育てて、農薬や化学肥料を減らすことができれば、安心安全なお米ができるだけでなく、環境を守ることにもつながります。

この記事の寄稿者は

古賀 碧(こが あおい)さん
株式会社Ciamo 代表取締役

 

<参考>光合成細菌を使ってみたい方はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です